スパム・ポリシー                  平成14年10月28日〜適用


 
 

1.特定電子メールの送信について

違法な電子メールの送信に加え、「特定電子メールの送信の適正化等に関する法律」の「表示義務」を満たした「特定電子メール」についても、社会通念上問題あるものと考え、当社のネットワーク資源を利用しての送信を禁止します。
会員規約「3.禁止される行為」、当社の承認なしに営利を目的とする活動を行なうこと。に於いて「特定電子メール」を承認いたしません。

尚、当社のネットワーク資源を利用しての送信とは
・当社の提供するダイアルアップもしくはフレッツ接続により送信を行うこと。
・当社の管理するSMTPサーバを介して送信を行うこと。
です。当社会員様にはくれぐれもご注意くださり、本決定をご了承下さいますようお願い申し上げます。
 

2.特定電子メールの受信について

全ての電子メールをほぼ無条件で受信するようにしておりましたが、ここ最近、受信メールの半分はspamではないかと推測するに至りました。そこでspam信元およびRelayするSMTPサーバのIPアドレスからは受信せず、また、spam発信元メールアドレスからのメールは受信者に届けずに破棄するようにいたします。これらのIPアドレスやメールアドレスはご希望があれば当社会員にはメールでお送りします。(再配布は不可です。)
プライベートドメインをご利用の場合、IPアドレスのフィルターは使用しません。ご希望の場合はご連絡ください。

「IPアドレス登録基準」
明らかにspamと思われるメールに対して、
・国内プロバイダーのSMTPサーバは登録しない。(優先順位1)
・Black Listにあがっているものは登録する。(優先順位2)
・メージャーサイトのSMTPサーバは極力登録しない。(優先順位2)
・ホスト名が *.jp のものは極力登録しない。(優先順位2)
・上記IPアドレスの上位24ビットが同じでBlack Listにあがっているものは登録する。
  これが200以上の場合は上位24ビットでフィルターする。(優先順位3)
・逆引き出来ないものは登録する。(優先順位4)

「登録したIPアドレス削除基準」
・Black Listから削除された時、即時。

「メールアドレス登録基準」
・違法な「特定電子メール」の発信アドレス
・無作為な宛先に送信される発信アドレス

尚、これらの情報収集に当たりましては、ダミーユーザを設けて行うものと、当社会員様からの提供によるものから行います。

3.当社ユーザから迷惑メールを受け取った方へ

「1.特定電子メールの送信送信について」で定義した「当社のネットワーク資源を利用して」送信されたと思われる「特定電子メール」を受け取られた方はお手数ですがabuse@gulf.or.jpまでお知らせください。第一段階として当社ユーザに連絡を取り強く改善を求めます。ご連絡の際は、受け取ったメールのヘッダを含めた全文をお送りください。ヘッダや本文を改竄された場合は信憑性が薄れますのでご注意ください。
「1.特定電子メールの送信について」に該当しないメールについては当社は関知いたしません。これは「当社のネットワーク資源を利用しての送信」でない限り、通信記録は一切残らないためです。「ネットワーク資源」を提供しているプロバイダー様または当事者間で解決ください。

4.spamリスト無償配布

上記の方法で収集したメールアドレス及びIPアドレスをメールサーバ管理者の方へ無料で差し上げます。
下表からダウンロードください。非営利目的(無償)での再配布は構いませんが公開・転載は禁止です。再配布の際は当社が一切責任を持たないことを明記ください。
本リストはほぼ毎日更新していますがここへの掲載は不定期です。
メールでの配布をご希望の方は有料(税別2,000円/一ヶ月)となります。配信は月20回程度です。
 
sendmail.spamlist Cクラス及びメールドメイン単位の登録と個別メールアドレスの一覧 CFではSPAM_LISTに登録します。
sendmail.deny IPアドレスの一覧 CFではCHECK_HOST_DENYに登録します。

sendmail.spamlist (15545件) 2003-11-12
sendmail.deny (24145件) 2003-11-12

*spamのみはじくよう注意して登録しておりますが、リストに不備がある場合はご容赦ください。また本リストは自己責任でご利用ください。万が一損害が発生しても当社は一切責任を持ちません。
尚、本リストは日付時点でGulfNetのメールサーバで用いているものです。
 
 
用語解説

「特定電子メールの送信の適正化等に関する法律」
一時に多数の者に対してされる特定電子メールの送信等による電子メールの送受信上の支障を防止する必要性が生じていることにかんがみ、特定電子メールの送信の適正化のための措置等を定めることにより、電子メールの利用についての良好な環境の整備を図る法律。

「特定電子メール」
その送信をすることに同意する旨の通知をした者等一定の者以外の個人に対し、電子メールの送信をする者(営利を目的とする団体及び営業を営む場合における個人に限る。以下「送信者」という。)が自己又は他人の営業につき広告又は宣伝を行うための手段として送信をする電子メールをいう。

「表示義務」
特定電子メールの送信の適正化等に関する法律に於いて、特定電子メールの送信について、次の事項の表示を送信者に対し義務づける。
   (1)        特定電子メールである旨
   (2)        当該送信者の氏名又は名称及び住所
   (3)        当該特定電子メールの送信に用いた電子メールアドレス
   (4)        当該送信者の受信用の電子メールアドレス等

「スパム(spam)」
受信側の許可なく一方的に無差別に送りつけられるメール。
発信側のIPアドレスやメールアドレスを次々と変えてくるものがあり、受信拒否に苦慮する。確信犯的性格の物で「特定電子メールの送信の適正化等に関する法律」は施行されたがその実効性に問題がある。また海外からの送信に対しては対処が非常に難しい。最近では南米からのspamが激増している。