7/30 13:20 受信可能となりました。
受信できずに送り返されたメールはPOPサーバ「 mail.gulf.or.jp 」で受信可能です。
ウイルス削除されていないデータですのでご注意ください。
また数日分のデータがありますので大量に受信するかも知れません。
悪しからずご了承ください。

7/30 ウイルスチェック付きメールサーバのトラブルに付きまして、
メールが受信できない状況です。発信者には「Relay access denied」と返されます。
また原因は特定できておりません。
ご迷惑をおかけし申し訳ございませんが、今しばらくお待ちください。

メール送信方法が変更になります

  1. 2008年3月1日より「サブミッションポートと送信者認証」
  2. 2008年4月1日より「Outbound Port25 Blocking」

設定の変更が必要となるお客様

GulfNetのダイアルアップ/フレッツ接続をご利用のお客様で
  1. GulfNetのメール送信SMTPサーバをご利用のお客様は変更が必要です。
  2. 他社プロバイダーのメール送信SMTPサーバを25ポートでご利用の客様は変更が必要です。
  3. GulfNet及び他社プロバイダーのメール送信SMTPサーバを介さず独自でSMTPサーバをたてているお客様はご利用できなくなります。(ただしGulfNet固定IPサービスをご利用の場合を除く)
他社プロバイダー接続をご利用のお客様で
  1. GulfNetのメール送信SMTPサーバをご利用のお客様は変更が必要です。
  2. 他社プロバイダーのメール送信SMTPサーバが送信者アドレスに制限を設けた場合は変更が必要です。

メール送信時におけるサブミッションポート(ポート587)と送信者認証機能(SMTP認証)の実施につきまして

「迷惑メール対策強化への取り組み」の一環といたしまして、2008年3月1日(水)より、メール送信を受け付ける専用のポート(サブミッションポート)と送信者認証(SMTP認証)を実施いたします。 

ご利用にあたりましては、お客様のメールソフトにおいて、送信ポート番号の変更と送信認証の設定変更が必要となります。

サブミッションポート(ポート587)と送信者認証機能(SMTP認証)を使ったメール送信の仕組み

送信者認証(SMTP Authentication)機能の概略図
一般的に電子メールの送信には、メールの配送処理を行うSMTPと呼ばれるプロトコルが用いられ、ポート番号と呼ばれるサービスを識別する番号は25番が使われます。
このポートとは別に、お客様から送信されたメールを受け付ける専用のポート「サブミッションポート」とIDとパスワードで認証を行う「送信者認証」と組み合わせることで、不正なメールの送信を減らします。

サブミッションポート(ポート587)と送信者認証機能(SMTP認証)導入のメリットにつきまして

メリット1の図

メリット1

メール送信の際にお客様のアカウントとパスワードによる認証が行われますので、第三者がなりすましによりメールを不正に送信することを未然に防ぐことが可能になります。
メリット2の図

メリット2

メール型のウィルス(ワーム)は、お客様のパソコンの中に保存されているメールアドレスを探し出して勝手にメールを送信しつづけ感染を広げようとします。「Outbound Port25 Blocking(*1)」の実施により、お客様が意図せずにウィルス感染したメール送信してしまう心配がなくなります。


2008年4月1日より「Outbound Port25 Blocking」を実施いたします。

  • *1「Outbound Port25 Blocking」とは、迷惑メール対策テクノロジのひとつで、接続をしているプロバイダのメール送信サーバを利用せずに、外部のサーバを中継してメールを送信する際に利用する出入り口(Port25)の利用を制限することで不正なメール送信を防ぐ施策です。

  •  

    送信者認証機能に対応したメールソフト

    一覧のメールソフト名をクリックすると、該当のメールソフトでご利用いただくための設定変更手順のマニュアルをご覧いただくことができます。

    Windows

    Macintosh

    ※マニュアル中のメール送信用[メールアカウント]および[POPサーバ]、[SMTPサーバ]の項目には下記を入力してください。

    アカウント名 フレッツ接続/ダイアルアップ接続の「@」より前の部分
    パスワード フレッツ接続/ダイアルアップ接続のパスワード
    POPサーバ mail.gulf.or.jp
    SMTPサーバ mail.gulf.or.jp
    例)接続ユーザ名が「gu-gulfnet@sip.cab.co.jpn」の場合のアカウント名は「gu-gulfnet」となります。
    *GulfNetホスティングサービスのみをご利用のお客様は別途送付したアカウント名とパスワードをご使用ください。
     
    Copyright (c) Gulf Internet Service Co., Ltd. All rights reserved.