メール送信時におけるサブミッションポート(ポート587)と送信者認証機能(SMTP認証)のご提供につきまして
OutlookExpress 5.5以降の設定方法

  1. OutlookExpressを起動して、メニューバーの[ツール]から[アカウント]を選択します。

  2. 画面
  3. [インターネットアカウント]画面が表示されますので、[メール]タブを選択して設定を変更するアカウントを選び、[プロパティ]ボタンをクリックします。

  4. 画面
  5. [プロパティ]画面が表示されますので、[サーバー]タブを選択し、[このサーバーは認証が必要]にチェックを入れて[設定]ボタンをクリックします。

  6. 画面
  7. [送信メールサーバー]画面が表示されますので、[次のアカウントとパスワードでログオンする]にチェックを入れ、「アカウント名」と「パスワード」を入力し[OK]ボタンをクリックします。

  8. ・アカウント名はフレッツ接続(ダイアルアップ接続のみの場合はダイアルアップ接続)でご利用のユーザ名の「@」より前の部分です。パスワードもフレッツ接続(ダイアルアップ接続のみの場合はダイアルアップ接続)でご利用のパスワードです。

    ○受信メールサーバと同じ設定を使用する(U)
    ◎次のアカウントとパスワードでログオンする(O)       (チェック)
     
    アカウント名(C)
    アカウント名(例:g-usernaee)
    パスワード(P) 
    ダイアルアップ/フレッツ接続と同じ
    ■パスワードを保存する(W)

    □セキュリティで保護ざれたパスワード認証でログオンする(S) (チェックしません)

     

  9. [プロパティ]画面の[詳細設定]タブを選択して、[サーバーのポート番号]の項目にある[送信メール(SMTP)]の値を"587"に変更して[OK]ボタンをクリックします。

  10.  ([このサーバーはセキュリティーで保護された接続(SSL)が必要]にはチェックは必要ありません)
    画面
  11. [インターネットアカウント]画面の[閉じる]ボタンをクリックすると設定変更が完了します。
前のページに戻る